測量実習

10年生は7月6日からの三週間、メインレッスンで測量を行なっていました。

最初の一週間は座学で、正弦定理や余弦定理の復習をして、次の週に海岸から学校の裏にある小花井山の標高の測量をしました。
標高を出す時には、道のり(三角形の斜辺部分)の距離を測り、ポイントを作って、そのポイントごとに角度をはかり、最後にsinを使って高さを計算します。1人がメジャーを持って進み、c0141185_423880.jpg1人が角度を測って、もう1人がその数値を記録する、という作業を続けました。

海から学校までを測った日は雨が降っていたものの、舗装道路だったのでわりと楽に測ることができました。
問題は……小花井山は冬場は町営のスキー場にもなっているのですが、夏のゲレンデは草が伸び放題。傾斜がある上に、先頭の人は鎌で草を刈りながら進まなければならず、汗だくになりました。c0141185_43941.jpg
途中から林に入り、やっと歩きやすくなった、と思ったのもつかの間……今度は熊笹がまちうけていました。自分の背丈よりもはるかに高い熊笹を時には大の字に寝転がって押さえなければなりませんでした。
さんざん泣き言をいいながら測り終え、取った資料を基に標高を計算してみると……あれ…?c0141185_433518.jpg

地形図に載っている標高と多少のずれはありましたが、自分たちで測れたことは嬉しかったです。


最後の日には洞爺湖に「反省会」と称してドライブにでかけ、足湯につかったりアイスをたべたりしながら、楽しくおしゃべりをしました。
[PR]
# by steiner-izumi | 2009-07-24 21:24 | ブログ

高等部交流会

今日高等部では、神奈川県の藤野にあるシュタイナー学園の9年生との交流会が行なわれました003.gifc0141185_455499.jpg

先週の土曜日(7月18日)から豊浦に来て、いずみの学校の9年生とともにキャンプなどに行っていた彼らはクラスの人数が18人!!みんなとても楽しい子たちで皆すっかり仲良くなれたようでした。
c0141185_4503.jpgお昼頃に学校に帰ってきて、10・11年生も一緒にクイズゲームや障害物競走などをして遊びました。キャンプ帰りのこともあり疲れた様子の子もいましたが、普段15人の高等部の人数が倍以上になったのでとても賑やかでした。

日本には現在高等部のある全日制の学校が4校あるので、これからももっと学校同士の交流を行ないたいと思います。
[PR]
# by steiner-izumi | 2009-07-22 19:50 | ブログ

10・11年の噴火湾一周キャンプ

10・11年生は6月21日~25日までの4泊5日で、豊浦から噴火湾沿いを計102㎞歩くキャンプに行ってきました!!c0141185_3455627.jpg
初日は朝からどんよりとした天気で、出発前は雨もぱらついてどうなることかと思いましたが、歩き出してからは幸い雨にうたれることはありませんでした。
それぞれが15㎏あまりのザックを背負っていたため、毎日首から肩にかけてと腰がものすごく痛くなってしまい、靴擦れをおこす人もでてきました。歩いているうちに時間や距離の感覚が分からなくなってきて、ただひたすら足を前に進めました。
c0141185_3462497.jpgこのキャンプでは、荷物を軽くするためテントを使わず、各人がブルーシートを封筒形に折ったものの中に銀マットを敷き、シュラフカバーと寝袋を入れたものの中で眠りました。晴れている夜には、寝転がりながら空を見ることができ、満天の星空に流れ星をいくつも見ることができました072.gif
日を重ねるにつれ、体が慣れてきたのか最初よりも楽に歩けるようになり、1㎞がどのくらいなのかを体が覚えました。途中、歩いて日本を縦断している方や日本二週目という中国人のお兄さんなどに会い、話をしたりしました。c0141185_3465086.jpg
森に近づくと、晴れの日には豊浦から見える駒ケ岳が間近に見え、学校の近くにあるウィンザーホテルが対岸に見えたことが驚きでした。

当初は5泊6日の予定でしたが、5日目に2日分の27キロを歩いたので、終着点の森駅に一日早く到着することが出来ました。
森から乗った電車からは自分たちが歩いた所が見えc0141185_347198.jpg、みんなで楽しくおしゃべりをしている間に豊浦に着いてしまいました。
とても大変なキャンプでしたが、終わってみると楽しく、いい経験になったとおもいます。
[PR]
# by steiner-izumi | 2009-07-18 21:10 | ブログ